病院の中で新型インフルエンザに飛沫感染しないようにする。

|

9月だというのに、新型インフルエンザが大流行しています。

おそらく、この流行は当分の間は納まるとは考えられません。

インフルエンザとしては、季節はずれのこの時期でさえこの状態です。

本格的な冬になるとどうなるのでしょうか?

日本では、ワクチンも足りない状態です。

輸入するということですが、安全性の確認をせずに使用することになります。

まずは、新型インフルエンザに感染しないようにすることが大切です。

しかし、新型インフルエンザに感染する可能性が高いと思われるところとして、

病院などが考えられます。

狭い空間の中に大勢の人がいる場合、感染者のくしゃみ・せき・たん・触ったところなどから

飛沫感染することが考えられます。

まず、このままでいくと、側にいる人の中には、必ず感染者がいると

考えて対策をしなければならないでしょう。

自分の身を新型インフルエンザから守るためには、出来るだけマスクをしましょう。

しかも、高機能なウイルス対策用マスクでなければ意味がありません。


━━━[緊急PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●この秋から新型インフルエンザが大流行の兆し。マスクの用意は、お済みですか?

●インフルエンザウィルス対策マスク【高機能FSCサージカルマスク】